マスタースイッチからロック線・アンロック線を取り出す方法


マスタースイッチとは、運転席ドアに付いている、集中ドアロックスイッチや
パワーウィンドウスイッチなどが集まっているユニットのことです。


対象車種
●アルテッツァ(E10系) MC後車(H13.12〜)


マスタースイッチ裏面のネジ3本を外す。
外周部の爪を外して分解する


内部の回路基板を取り出す。
赤い丸印のところが信号の取り出し位置です。
※静電気に注意しましょう。「パチッ」と放電するとICが壊れます。



R19(ロック信号)に緑線を、R18(アンロック信号)に青線を半田付けします。
熱を加えすぎるとパターン剥離が発生します。
(加熱時間は1秒以内にしてください)
このコードは途中で太さを変えています。
先端だけ細いコードで、途中から太いコードにつないでいます。


緑線と青線を写真のように基板とケースの間から引き出してきます。


マスタースイッチを組み立てなおす。


取り出したロック線(緑)とアンロック線(青)は、車速感応ドアロックユニットの緑線と青線に接続します。



マスタースイッチの改造を有料(1,000円)にて承ります。
詳しくはメールにてご相談ください。
専用のコード(緑線と青線)の
部品セットだけでも販売いたします。
(300円)


※写真では半田付け部分が大きく見えますが、実際にはかなり小さいです。
電子部品の半田付け経験が無いかたにとっては、かなり難しい作業です。
実際に回路を壊してしまうかたが多いのでご注意ください。
少しでも不安がある場合は、私に作業依頼してください。(私の手元に届き次第、最優先で作業します)
マスタースイッチを外しても車は走行可能です。ドアロックすることも可能です。